メニュー

ちょっとおぼえて豆知識『冬至』

2017年12月22日

ちょっとおぼえて豆知識『冬至』

この時期(冬)になると、テレビやスーパーで「冬至には○○を食べましょう!」や「冬至では○○をしましょう!」などという話をよく耳にしますよね?
しかし、そもそも『冬至』って何?という方もいると思います。そんなあなたに、ちょっとおぼえて豆知識。。。

冬至とは。。。

二十四節気の第22。一年で一番昼が短い日です。
今年は12月22日(金)
年によっては、12月21日の時もあるようです。。。

冬至にすることって。。。

柚子湯

湯船に柚子を5~6個浮かべて入ると風邪予防になるといわれています。
冬至と柚子の関係ははっきりとしていないようです。。。
柚子湯の習慣は銭湯ができてからのもので、一説には、湯治(とうじ)と冬至のゴロ合わせで、身体が無病で達者であれば融通(ゆうずう・・・?)が利くとのこじつけであるといわれています。
なお、「柚子湯」は冬の季語です。

冬至粥

小豆を使ったおかゆ。
昔から小豆の赤は、邪気を祓うといわれています。
また、このおかゆには疫病にかからないという伝承もあります。

「ん」のつく食べ物を食べる

冬至といえば“かぼちゃ!”と思いつく人が多いと思いますが、実はかぼちゃだけではないようです。
「ん」のつく食べ物・・・れんこん、だいこん、にんじん、ぎんなん、うどん など。
特にこの中でも、なんきん(かぼちゃ)を食べる風習が全国的に残っているようです。
かぼちゃを食べると中風(※)にならなかったり、長生きするなどの伝承があります。また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪予防に効果的で、冬に栄養を取るための賢人の知恵ともいえます。
「ん」のつくものを運盛りといって、縁起をかついでいたようです。

※中風(ちゅうふう)・・・脳血管障害の後遺症(偏風)である半身不随、片まひ、言語障害、手足のしびれやまひなどを指す言葉として用いられる。中気ともいう。

 

このほかにも冬至についてまだまだ風習がありますので、みなさん、ご興味のあるかたは調べてみてはいかがでしょうか?

 

こたつねこ

関連ワード

イベントカレンダー

12月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

トップページへ戻る