メニュー

ちょっとおぼえて豆知識『ひな祭り』

2018年3月3日

ちょっとおぼえて豆知識『ひな祭り』

3月3日はひな祭り。桃の節句とも言われています。
女の子のすこやかな成長を祈る節句です。

ひな人形

ひな人形のそれぞれの地位や役割は・・・?

内裏雛(男雛・女雛)・・・天皇と皇后。男雛をお内裏様、女雛をお雛様、というのは誤りで、一対で内裏雛と呼びます。
三人官女・・・宮中に仕える女官。
五人囃子・・・能のお囃子を奏でる楽人の5人。右から、うた・笛・小つづみ・大つづみ・太鼓と並んでいます。
        能囃子5人の代わりに雅楽7人という場合もあるそうです。
右大臣・左大臣・・・随人(ずいじん)といい、向かって右が年配者の左大臣、向かって左が若者の右大臣。いずれも近衛中将・少将の地位だそうです。
仕丁(しちょう)あるいは衛士(えじ)・・・殿のお供をする従者。3人1組。日傘をさす係、殿の履物を預かる係、雨除けの丸い笠を竿の先にのせてお供する係に分担しています。

内裏雛の位置

関東地方では、向かって左が男雛、向かって右が女雛です。これが京都では逆で、向かって右が男雛、向かって左が女雛になるそうです。
日本では古くから日が上る左(向かって右)が上位とされていましたが、昭和天皇の即位礼に倣ってや、文明開化以降の西洋化の影響・・・などで、今の関東スタイルになったといわれています。
結婚式などを考えると西洋スタイルの向かって左が男、向かって右が女を用いてますよね。。。

ちなみに。。。

スポーツなどの表彰式を見てもらうと、1位(金)は中央、次に上位の2位(銀)は向かって左、3位(銅)は向かって右なんですよ。。。
※この話は、某有名予備校の先生からの受け売りです!

ひな人形の飾る時期・片付ける時期

飾る時期・・・節分以降から2月中旬が一番よいとされています。遅くても節句の1週間前までには飾りましょう。
片付ける時期・・・節句が過ぎて2週間をめどにお天気の良い時に片付けましょう。

 

ひな人形を早く片付けないとお嫁に行き遅れるとよく言われますが、行事が終わってもいつまでも片付けないとだらしなく、嫁の貰い手がない。。ということらしいですよ!

 

ひな人形

関連ワード

イベントカレンダー

7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

トップページへ戻る