メニュー

【ご注意下さい!】乳幼児の耳かき中の出血事故が多発しています!

2017年3月12日

油断しないで!耳掃除!

耳かき中に、耳かき棒が中で折れてしまったり、綿棒の綿体が軸から抜けて耳の穴に残り、病院で除去してもらったなど、思わぬ事故につながることもあります。十分注意して行いましょう。

また、事故にあった乳幼児の半分以上が、自分で耳かきをしていました。子どもの手の届く場所に耳かき棒などを置かないなど、対策をとりましょう。

事故防止のポイント

  • 綿棒や耳かき棒を耳の奥まで入れ過ぎないようにしましょう。
  • 子供の耳掃除をする際には、急に動いたりしないよう声をかけておきましょう。
  • 乳幼児のいる家庭では、綿棒や耳かき棒を乳幼児の手が届くところに置かないようにしましょう。
  • 耳掃除をしている時は周囲の状況にも注意しましょう。子どもやペットがぶつかってくるかもしれません。
  • 耳垢が取りづらい時などは、無理をせず耳鼻咽喉科等の受診も考慮しましょう。
詳しくは東京消防庁HPをご覧下さい⇒耳かき中の事故に注意!

イベントカレンダー

10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

トップページへ戻る