メニュー

ファミリー・サポート・センター

2016年7月29日

地域で育児の援助を受けたい方(利用会員)と協力したい方(サポート会員)が会員となり、育児について助け合うファミリー・サポート・センター事業を行っています。

援助活動内容

  1. 保育施設までの送迎を行うこと。
  2. 保育施設の保育開始前や終了後、子どもを預かること。
  3. 学童保育終了後や学校の放課後に子どもを預かること。
  4. 病気の回復期にある子どもを預かること。(病後児預り)
  5. 冠婚葬祭や他の子どもの学校行事の際、子どもを預かること。
  6. 買い物等の外出の際、子どもを預かること。

会員の登録

会員になるためには、説明会(サポート会員・利用会員とも)や講習会(サポート会員のみ)の受講が必要になります。さらに、病後児預りを希望するサポート会員は、通常の講習会とは別に専門の講習会を受講する必要があります。会員登録を希望される方、またはこの事業に興味をお持ちの方は、センターまでご連絡またはお訪ねください。説明会の資料を差し上げます。

 サポート会員は18歳以上の方、利用会員は生後57日から小学校在学のお子さんがいらっしゃる市内在住・在勤の方が対象になります。ただし、病後児預かりを希望する利用会員は、満1歳から小学校在学のお子さんがいらっしゃる市内在住・在勤の方が対象になります。

報酬

援助活動は、有償のボランティア活動になります。利用会員は、時間に応じてサポート会員に報酬を直接お支払いいただくことになります。基本的には午前7時から午後7時までは児童一人1時間あたり700円、それ以外の時間や土日祝日、年末年始は800円となります。ただし、病後児預かりの場合、平日午前7時から午後6時までは児童一人1時間あたり1,000円、土曜日午前7時から午後1時までは児童一人1時間あたり1,100円となります。

※この事業は、市から社会福祉法人雲柱社に委託して実施しています。

詳細はファミリー・サポート・センター(和泉児童館内)
電話:03-3480-1587

【スマイルぴーれ関連記事】
狛江市ファミリーサポート 利用までの道のり part1
狛江市ファミリーサポート 利用までの道のり part2
 

お問い合わせ

児童青少年部 児童青少年課
電話:03-3430-1111(市役所代表)
メールアドレス
 ↳jidoseik@city.komae.lg.jp

 

地図

関連ワード


カテゴリ記事一覧

トップページへ戻る