メニュー

ひとり親家庭等医療費助成制度

2016年12月22日

ひとり親家庭等(マル親)医療費助成制度とは

ひとり親家庭や養育者家庭の方が、医療機関で受診する際の医療費の全部または一部を助成する制度です。

対象

18歳に達した年度末までの児童(児童に一定の障がいがある場合は20歳到達前まで)が下記の要件のいずれかに該当するとき、その児童と父または母または養育者(父母以外の者が養育している場合)が対象者となります。
ただし、所得制限があります。また、健康保険未加入者・生活保護を受けている方は除かれます。児童福祉施設等に入所している方も除かれる場合があります。

要件

・父母が離婚した児童
・父または母に1年以上遺棄されている児童
・父または母が死亡した児童
・父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
・父または母が(制度で定める程度以上の)重度の障がいを有する児童
・父または母が(制度で定める期間以上の)生死不明である児童
・父がいない児童(母が婚姻によらず出生し、父から援助されていない)

手続きに必要な書類

  • 申請者および児童の健康保険証
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • 児童扶養手当証書(交付されている方)
  • 住民税課税(非課税)証明書(総所得額・控除額・扶養人数等が記載されているもの)
    ※前年の1月2日以降に転入された方は、前年の1月1日に住民登録していた市町村から前年度の住民税課税(非課税)証明(前々年中の所得)をお取り寄せください。
  • 身体障害者手帳・愛の手帳(交付されている方)
  • 戸籍謄本
    ※児童扶養手当を受給されている方は必要ありません
  • 養育費等に関する申告書(児童扶養手当を受給されている方は必要ありません)

本人が負担する額

医療機関で受診する際、医療機関窓口へ健康保険証とともにマル親医療証を提示することにより、保険診療の自己負担分の一部を助成するため、お支払が通常3割のところ、1割負担または負担無しになります。
※健康保険が適用されない医療費は、助成されません。
※自己負担が、1割になるか負担無しになるかは、父または母または養育者とその同居している扶養義務者の住民税課税状況によって決まります。

申請場所

市役所3階 子育て支援課

お問い合わせ

児童青少年部 子育て支援課
電話:03-3430-1111(市役所代表)
メールアドレス
koshienk@city.komae.lg.jp

カテゴリ記事一覧

トップページへ戻る