メニュー

母子及び父子福祉資金

2016年5月21日

母子及び父子家庭の方が、経済的に自立して、安定した生活を送ることができるように、必要な資金の貸付けを行います。

貸付けを受けられる方

都内に6カ月以上お住まいの母子及び父子家庭の母あるいは父で、20歳未満のお子さんを扶養している方

保証人

借受ける資金の種類、借受け人の収入状況によっては、独立生計者の連帯保証人が1人必要です。

資金の種類(12種類)

  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 就職支度資金
  • 技能習得資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 修学資金
  • 修業資金
  • 就学支度資金
  • 結婚資金

(修学・修業・就学支度資金および児童に係る就職支度資金は無利子。その他は、保証人有なら無利子、保証人無なら年利1%。償還期間はそれぞれ違います。)

詳しくは

お問い合わせ

児童青少年部 子育て支援課
電話:03-3430-1111(市役所代表)

カテゴリ記事一覧

トップページへ戻る